* ダウンロード時、Adobe Acrobat Reader5.0以上日本語フォント[Download]を設置後、出願書類をダウンロードする。(Acrobat Reader 5.0 と日本語フォントが設置されてなければファイルを見ることはできません)

* 申請者本人の準備書類


1.入学願書    Download
2. 履歴書(名古屋国際日本語学校指定)  その1.2.3 
Download
3. 写真8枚(縦4㎝×横3㎝)、申請前6ヶ月以内に撮影し、無帽、無背景
4. 質問書1通 
Download
5. 最終出身校の卒業証明書原本及び成績証明書 各1通
6. 日本語能力認定書(J-TEST N5・NAT-試験N5の合格証) 
日本語学習歴のある者は、履歴書に学習期間と学校名を記入し、日本語学習証明書または日本語能力試験合否結果通知書(コピー)を提出すること。
7. 職業証明(在職者のみ)
8. パスポートのコピー(所持者のみ)

* 経費支弁者の準備書類(日本国居住者)

1.経費支弁(学費・生活費負担)書  Download


(関係を具体的かつ明確に記入し、それに関する立証資料を提出すること)
2.職業証明:(会社員 在職証明書、会社経営者は登記簿謄本・決算書1通、自営業者は青色か白色申告書写しを1通提出すること)
3.所得証明:年度の総所得が記載された「住民税または所得税証明書」・「源泉徴収票」
4. 銀行預金残高証明書
5. 住民票(世帯全員記載、続柄の欄の記載を省略不可。日本人の配偶者の場合は戸籍謄本、親戚証明を添えて提出すること)
6.申請者と経費支弁者との関係を証明する公的な書類


* 経費支弁者の準備書類(本国親族者)

1.経費支弁(学費・生活費負担)書  Download


(関係を具体的かつ明確に記入し、それに関する立証資料を提出すること)
2. 送金者あるいは本人名義の銀行等の預金残高証明書
(但し、中国の出願者の場合は通帳のコピーを添えて提出すること)
3. 申請者と経費支弁者との関係を証明する公的な書類
(親族関係であることが明示された戸籍謄本、住民登録票、親戚証明)
4. 職業証明(在職証明書など)
5. 送金者の収入・納税証明(年収証明書)会社謄本、自営証明、資産証明など、経済能力を立証できるもの。


*注意事項

1.書類は入国管理局に提出する6ヶ月以内に作成したものであること。
2.証明書類の有効期間は3ヶ月です。
3.卒業証書は原則原本に限ります。
4.書類を訂正するときは、修正液を使用せず、2本線を引き訂正印を押すこと。